家を売るときの
大切なポイント

家は財産価値が高く、権利関係の調整や敷地確定などの準備が必要な場合も多いため、売却はかんたんではありません。
中には長い期間売れずに困った、不当に安く売ることになってしまった、買主から想定外の費用を請求されたなど、売却が思うようにできなかった方もいます。
大切な家の売却で失敗をしないために、不動産の売却で注意が必要な以下のポイントをぜひ押さえてください。

売る目的に合わせて期限と金額を決める

住み替えのため、空き家を処分する、相続に備えるため、事業等で資金が必要になったなど、不動産を売る目的なさまざまです。
目的に合わせて

 いつまでに売るか …期限
 いくらで売るか(≒いくら残したいか) …金額

を中心に希望条件を整理した上で売却計画を立ててください。
空き家の処分などで売却を急ぐ必要がなければ、少し時間をかけても高い金額で買ってくれる方が現れるのを待つことが可能です。
一方で住み替えや事業資金などで急ぐ場合は、価格は下がりますが「業者買取り」も選択肢として考えた方が良いでしょう。

信頼できる不動産業者に依頼する

不動産業者に売却する物件の情報や希望条件を伝えて、物件や地域の特性をふまえた売却の注意点や、売り出し価格の助言を受けます。
地域ごとに特性(行政情報や競合する売り出し物件の状況など)があり、それにより売却方法も変わりますので、地域に精通した不動産業者に依頼すれば的確な売却計画の提案を受けられます。
(遠方だったり幅広いエリアの物件を取り扱う会社は、地域特性に疎いためにどのエリアでも一律の売却方法になりがちです。)

価格査定は「その金額で売れる」という保証ではありませんので、高い査定を出した会社だからとすぐに任せるのではなく、査定の根拠と売却計画について詳細に説明を受けて納得をした上で依頼しましょう。
高い査定をした会社に依頼をして不相当に高い金額で売り出したところ、長い期間売れず、「売れない物件」のイメージが定着してしまって最終的に大幅値引きで売らざるをえなかったという失敗事例が多くありますので、注意が必要です。

不動産の売却には、権利関係の調整や物件状況の告知など、後のトラブルを防止するための仕組みが多くあります。
お客様や物件ごとに何が問題となる可能性がありどのような対策を打つのかなど、知識や経験にもとづき適切な判断ができる不動産会社や担当者を選ぶことが大切です。

契約内容をしっかり確認する

売買契約書や重要事項説明書、物件状況確認書などの契約関係書類の内容をしっかり確認しましょう。
内容の誤りなどにより、売主は民法の契約不適合責任(追完や代金減額)や損害賠償の請求を受けるリスクがあります。
特に売主が交付する「物件状況確認書(告知書)」は、記録を確認や記憶をたどってできるだけ正確に書いてください。
ネガティブな情報の書き忘れは、後で大きなトラブルの原因になることがあります。
依頼をした不動産業者に対し早めに契約関係書類の提示を求めて、専門用語やわかりにくい点は納得できるまで説明を求めましょう。

私たちがお手伝いできること

Be-R合同事務所では、家を売却するお客様に対して以下のお手伝いをしています。
お客様のご不安を解消し、スムーズに売却が進むよう、丁寧にサポートします。

法律家の視点で売却をサポートします

Be-R合同事務所は、行政書士事務所を併設していますので、物件の法的問題や契約条項について詳細に確認をします。
契約条項について売主に不当に不利な内容があったり、後で大きなトラブルに発展する可能性がある点があれば、事前にチェックのうえ内容を是正します。
特に不動産売買で問題となりやすい権利関係や契約不適合責任について、しっかり調査をし、もし問題点があれば売主様と協力して解決を進めます。

地域に精通し、売買が得意な不動産店です

Be-R合同事務所は、西日暮里を拠点として荒川区、文京区、台東区の不動産を中心に取り扱っています。
地域の行政情報や売り出し物件の情報を日々集めていますので、地域の実情に合った売却計画をご提案します。
また当事務所は不動産売買を主な業務としていますので、豊富な経験事例を活かして売却がスムーズに進められるよう丁寧にサポートします。

詳細な価格査定報告書をご提案します

お客様から価格査定のご依頼を受けましたら、物件や事例の調査をした上で詳細な価格査定報告書をご提案します。
周辺の売り出し中の物件や国土交通省の成約事例を参考に集計したマーケットデータ(築年数、駅徒歩時間、床面積ごと)に基づいて、査定価格をご提案します。
査定は無料ですので、他社と比較されたい方や将来の参考にしたい方もお気軽にご依頼ください。

不動産価格査定報告書の一部

お客様の目的に合う売却計画を提案します

家を売る目的によって売却方法は変わってきますので、Be-R合同事務所ではお客様の売却理由やご要望に合った売却計画をご提案します。

住み替えであれば、購入予定物件の金額とスケジュールをふまえて、いつまでにいくら以上で売る必要があるかを考慮した売却計画を立てます。

空き家処分であれば、売却以外の手段(建て替えや賃貸など)とのメリット・デメリットを提示し、その上で売却が最善とのご希望を確認して売却を開始します。

相続対策として不動産を売却する場合には、相続財産を分けやすくすることが目的と考えられますが、他の方法による相続対策や、売却のデメリット(評価額や譲渡所得税など)についてご説明をし、十分にご理解をいただいた上で売却を進めます。

家の売却の流れ

家の売却は次の流れで進めます。
慣れない手続きや難しい判断を求められることも多くありますが、当事務所が丁寧にサポートします。

1 売却のご相談
急いでいる方はもちろん、売却が未確定な方もまずはご相談にいらしてください。
全体の流れやスケジュールについてご説明します。

2 物件調査(現地、権利関係、法規制,など)
現地を確認するほか、役所や法務局などで物件について調査します。

3 査定価格と売却計画のご提案
近隣事例や最新統計に物件の特性を加味して査定価格を提示します。
お客様の目的に合った売却の方法とスケジュールをご提案します。

4 媒介契約を締結
売却開始にあたり、売主と当事務所で媒介契約を締結します。

5 物件広告を開始
自社ホームページや物件情報サイトで広告を開始します。
物件近隣には紙チラシを配布します。

6 購入希望者を現地案内、申し込み、契約条件調整
購入希望者を現地に案内して物件について説明します。
気に入られた方から購入申し込み(買付)を受領します。
契約条件について、売主にご相談し、買主側と調整をします。

7 契約関係書類の説明
売買契約書、重要事項説明書、物件状況報告書などの契約関係書類についてご説明します。

8 売買契約の締結、手付金の受領
買主との間で売買契約を締結し、手付金を受領します。

9 引渡し準備(抵当権抹消、残置物撤去など)
引越しや残置物撤去など引渡しの準備を進めます。
物件に抵当権が設定されている場合は、抹消手続きの準備を進めます。

10 残代金受領、引き渡し、名義変更
買主から残代金を受領し、引き渡しをします。
司法書士が名義変更手続きをします。

Be-R合同事務所では、最初のご相談から最後の引き渡しまで責任をもって丁寧にサポートしますので、安心してお任せください。