家を買うときの
大切なポイント

家を買うことは、人生最大の買い物という方がほとんどです。
高額でローンを数十年返し続けるというだけでなく、家族が生活をして子供が成長する場を手に入れるという意味からも、住宅購入における決断はとても重要です。
家の購入で失敗しないために、以下の大切なポイントをぜひ押さえてください。

物件情報を広く集める

現在はインターネットで物件情報を集めるのがとても便利です。
特にアットホームやスーモなどのポータルサイトは条件を絞って検索でき、写真や詳細情報も豊富でとても有用です。
一方でポータルサイトに掲載されない物件情報も多くあります。
売り出したばかりの物件や不動産業者のネットワークでのみ共有されている物件などはポータルサイトに掲載されないことも多く、本当に良い物件はインターネット掲載前に売買が成立することもあります。
インターネットで探される場合は、お探しの地域の地元不動産業者の自社ホームページを見てみると、新鮮で良い物件情報が見つかることがあります。

エリアや予算の希望条件がまとまりましたら、地域の不動産業者に条件を伝えて依頼することにより、新着物件情報を真っ先に教えてもらうこともできます。

予算、住宅ローン、名義を慎重に検討する

家を買うときは、物件の売買代金の他に印紙税、ローン諸費用、固定資産税等清算金、仲介手数料、火災・地震保険料などの費用がかかります。
また購入後まもなく不動産取得税や固定資産税・都市計画税の納付も必要になります。
資金不足であわてることがないよう、購入前に費用全体を把握しておくようにしましょう。

住宅ローンは低金利政策が続いており、さらに各金融機関の金利下げ(優遇幅の拡大)の競争もあり、借りやすい状況です。
ただし変動金利を選択した場合は将来金利上昇により毎月返済額が急増するリスクがありますので、固定金利と組み合わせるか、金利上昇を想定して借入額を抑えるなどの対策をおすすめします。
夫婦共働きでしたら、夫婦それぞれ住宅ローンを組むことで、住宅ローン控除をダブルで受けることができます。

親の相続対策が気になる方は、親からの住宅取得資金贈与の非課税制度(2021年中の契約で最大1500万円が非課税)を利用することで、将来の相続税負担を軽減することができます。

信頼のおける不動産業者に依頼する

不動産売買には専門的で重要な手続きが多くありますので、不動産業者の担当者がお客様をサポートする必要があります。
物件紹介だけが不動産業者の仕事ではありません。
お客様にとって、不動産業者の担当者が良きパートナーとして家探しや契約手続きをサポートしてくれるかがとても重要です。

不動産業者の次のような対応には注意が必要です。
✖ 担当者の知識や経験が不足
✖ 自社預かりの物件ばかり紹介する
✖ 紹介物件の良いことしか話さない
✖ 申し込みやローン審査を急がせる
✖ 重要な事柄を契約当日に説明する

私たちがお手伝いできること

私たちはお客様が安心して理想の家を購入できることを第一に考えています。
次の点を特長としていますので、ご興味をお持ちになりましたらぜひご相談にいらしてください。

法律家の視点で購入をサポートします

不動産取引には、物件の権利関係や契約書の条項など法律的なチェックが必要な点が多くあります。
Be-R合同事務所は、行政書士事務所を併設しており、法律家の視点を加えて不動産取引が安全に成立するようサポートしています。
購入物件の権利関係に不明確な点があったり、契約条項にお客様に不当に不利な内容がある場合などは、売主側に確認をして是正を求めるなどしてお客様に不測の損害が発生することを予防します。

地域の最新の物件情報をご紹介します

Be-R合同事務所は西日暮里のオフィス周辺の荒川区、文京区、台東区の物件情報を中心に集めて公開しています。
お客様に多くの物件情報の中からご希望に合う家を見つけていただくために、自社で預かっている物件に一般の流通物件も合わせて、集めたすべての物件情報をご覧いただきます。
平日昼間は仕事で忙しいという方には、夜の時間帯のご相談、物件情報のご紹介、現地へのご案内にも対応しています。

詳細な調査レポートを提案します

近年、地震や豪雨、土砂崩れ等の自然災害による被害が増えていますが、お客様が購入を検討している物件の土地にはどのようなリスクが存在するかを、詳細な調査レポートでご報告します。
その土地の成り立ち地形区分に基づき、地震の揺れやすさ、浸水の可能性、土砂災害の可能性等についてレポートにまとめてご報告します。

土地調査レポートの一部

最適な資金計画をご提案します

住宅購入にあたって、資金計画をしっかり立てることが大切です。
Be-R合同事務所では、物件代金以外に必要となる諸費用(印紙税、ローン諸費用、登記費用、固定資産税等清算金、仲介手数料、火災・地震保険料など)をご提示し、購入時にかかる全体予算をつかんでいただきます。
住宅ローンをご利用されるお客様には、ご家族の将来まで考えて無理のない返済計画をご提案しています。
またお客様に合った金融機関や金利プラン、返済方法をご紹介します。

住宅購入にあたっては、住宅ローン控除、すまい給付金、グリーン住宅ポイントなどお客様のメリットになる制度が多くあります。
それらをご説明し、該当する場合は手続きをサポートします。

親の相続対策が気になる方には、親からの住宅取得資金贈与の非課税制度(2021年中の契約で最大1500万円が非課税)のご利用をおすすめします。
贈与と入居のタイミングや、確定申告についての助言もします。

最良のパートナーになります

Be-R合同事務所では、住宅・不動産の業務経験が豊富な担当者が、お客様の希望を第一に考えて家探しをお手伝いします。
販売チラシには一般に良いことばかりが書かれていますが、物件の良いところだけでなく、悪いところや気になる点についても調べて、お客様にお伝えします。
長く住まうことになるお客様ことを考えて、検討物件の良し悪しを判断してご報告します。
じっくり検討したいお客様にもとことんお付き合いしますので、納得いくまで検討してください。

家の購入の流れ

家の購入は次の流れで進めます。
それぞれの場面で丁寧にサポートしますので、安心してお任せください。

1 希望条件をヒアリング
エリア(市区、駅、学区)、部屋数や広さ、予算などのご希望条件を聞かせてください。
最初は具体的でなかったり、絞り込めなかったりすることもありますが、一緒に物件探しをしながら徐々に固めていきましょう。

2 物件情報の収集、紹介
ご希望条件に近い物件情報を集めてご紹介します。
相場観をつかんだり、ご家族の要望の再確認をしてください。
チェックが必要なポイントについて助言をします。

3 現地の確認
気になる物件がありましたら現地にご案内します。
実物を見て、そこに住むイメージをしてみてください。
プロの視点で気になる点をご報告します。

4 購入申し込み(買付)、媒介契約の締結
気に入られましたら、売主に購入申し込みをします。
契約や入居の時期や金額などの条件調整をします。
お客様と当事務所の間で媒介契約を締結します。

5 ローン事前審査
住宅ローンを利用される方は、金融機関に事前審査の申し込みをします。
借入額や返済プランについて助言をします。

6 重要事項の説明
宅地建物取引士が、物件と契約内容についての重要な事項の説明をします。
専門用語やわかりにくい内容について丁寧にご説明します。

7 売買契約の締結、手付金支払い
お客様と売主との間で売買契約を締結します。
売主に手付金を支払います。

8 ローン本申込み、ローン契約
住宅ローンを利用される方は、ローン本審査の申し込みをします。
引渡し日が決まりましたら、金融機関とローン契約(金銭消費貸借契約)を締結します。

9 残代金支払い、引渡し、名義変更
売主に残代金を支払い、引渡しを受けます。
引き渡された物件に問題がないかを確認します。
司法書士が名義変更の登記をします。

各ステップで必要な手続きや書類について、丁寧にご案内しサポートしますので、安心してお任せください。